045-335-2171
来院しやすく、病気を見逃さない。 お子さまからお年寄りまで、頼れる地域の診療所。

当日の診療予約

iTICKETにて受付順番のご予約が可能です

順番予約/待ち状況のご確認

小野江眼科では、アイチケットを使用しインターネットから来院する前に受付番号を受け取ることができます。診療・時間予約ではありませんので、ご自身の番号が近くなりましたら院内にてお待ちください。

診察時間

 


午前 9:00~12:00/午後 14:30~18:00
※土曜日は13:00まで
※月曜日は 小野江 元 の診察です

コンタクトレンズの取り扱いについて

目の状態に合わせて、 取扱いやケアまで、最適なコンタクトレンズの使い方を経験豊富な医師がアドバイスし処方します。
各種コンタクトレンズは、小野江眼科併設の有限会社YAH(保土ヶ谷)で扱っております。メニコンのメルスプランも扱い可能です。
ご不明点についても眼科専門医にお気兼ねなくお尋ねください。

コンタクトレンズについてのよくあるご質問

お知らせ
INFOMATION

2022年4月27日
新型コロナワクチンの眼科的副反応について
ワクチンの3回目接種が進んではいますが、まだ行っていない方も多いようです。
副作用が心配な方もいると思いますが、時々聞かれる新型コロナワクチンの眼科的副反応について。
眼症状についてはアナフィラキシーに準じた眼症状が多く、重篤なものは非常に少ない印象です。報告があった眼症状で多かったものをあげます。
ただし、アナフィラキシーに準じた眼症状が多いと思われます。
報告は以下ものが多い症状でした。
眼充血 18
眼瞼浮腫(まぶたのむくみ)16
眼そう痒症(めのかゆみ)13
視力障害・低下 12
眼瞼腫脹(まぶたのはれ) 11
幻視・幻聴・錯覚 11
2022年2月2日
小野江 元 医師の診察日変更のお知らせ
2月26日(土曜日)の診察日が2月19日(土曜日)となりました。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
2021年10月19日
秋の花粉症
季節性のあるアレルギー性結膜炎は花粉症のことがあり、秋の時期はブタクサ、ヨモギ、カモガヤ、オオアワガエリなどがあります。
ブタクサは関東では10月上旬まで、ヨモギはピークは9月ですが11月中旬まで飛ぶことがあります、カナムグラはは他の花粉より長く、関東では10月末で11月になると全国的に落ち着きますが、空中花粉としては11月いっぱい飛ぶことがあります。

イネ科花粉症と共通に使われることが多いのは他のイネ科植物であるハルガヤ・オオアワガエリ・ギョウギシバなどの花粉にもカモガヤ花粉症は多くの人が反応してしまうため「カモガヤ花粉症=イネ科花粉症」と同じ意味で使われることが多いのです。
スギ・ヒノキ花粉のような背の高い樹木の花粉は風にのると数十Km以上と以上に遠くまで飛びますが、背丈が1m前後の雑草であるイネ科は数十mから数百mしか飛びません。
2021年9月3日
GIGAスクール構想/子供の近視を進めないように
2021年4月から文部科学省によってGIGAスクール構想が稼働しはじめました。
主に小中学校の児童生徒に一人一台のデジタル末端を用意することとなり、子供のコンピューター使用頻度がますます増えると思われます。
日本眼科医会では「ギガっこ デジたん」(ホームページへリンク)ポスターを作成し目の健康、近視進行抑制を啓蒙しています。
これでは

1) 画面を見る正しい姿勢:画面から30cm以上はなしてみる、目線は画面と垂直、机はひじが直角になる高さ、イスはひざが直角になる高さ、イスには深く座り両足をつかる。
2) 目を休めよう:30分に一回は20行以上遠くを見て目を休める、寝る1時間前からは画面を見ないように。
3) 建物の外ですごすことは、近視の進みをおさえる。

などが書かれています。
子供の近視を進めないように、上記のことも日常注意しましょう。
2021年7月16日
コンタクトレンズ新規に作成を行う方をしばらく中止することについて
コロナ感染患者は神奈川県でも増加しており目の涙液からの感染も否定できません。新たにコンタクトレンズをはじめる場合、目に触れたり、顔を近づける事も多くなります。
日本コンタクトレンズ学会でも
・新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言下
未経験者に対しては、処方や装用練習は行わないことを推奨する
としております。 (ただし、弱視治療目的の小児患者など速やかな処方が必要な場合は装用者・装用指導者ともに標準防護策を徹底したうえで行うのが望ましい。)

当院では神奈川県も緊急事態に準ずる状態と考え、皆様の健康を考え、しばらくの間新規コンタクトレンズ作成は中止しております。
お知らせ
新型コロナウイルス感染症等感染防止対策実施医療機関 みんなで安心マーク
日本医師会で、患者さんが安心して医療機関に来院できるよう、感染防止対策を徹底している医療機関に対して、『新型コロナウイルス感染症等感染防止対策実施医療機関 みんなで安心マーク』を発行することとなりました。
当院でも対策を実施しているので日本医師会から安心マークが交付されました。 PDFはこちらから
お知らせ
新型コロナウィルス感染症の対応について
1) 緊急事態宣言や首都封鎖などの大規模な外出自粛要請が出た場合は、通常の診療が困難になることを予めご了承ください。
2) 当院通院中の患者さんに対しては、電話で症状の確認が出来る場合、当院通院中の患者さんに対しては、薬の処方箋の発行を行うことが出来る場合があります。ご相談ください。処方箋はファックスをご自宅、薬局へ送信も可能な場合があります。

横浜市保土ヶ谷区の
地域に根ざした眼科です
ABOUT CLINIC

小野江眼科は、横浜市保土ヶ谷区に昭和63年開業して以来、延べ7万数千人を診察してきた地域の診療所です。幅広い検査・治療ができるよう多数の専門機器をそろえ、院内のバリアフリー化はもちろん、さまざまなパンフレットや画像を用意し、高齢者の方にも分かりやすい説明を心がけています。
開業当時からのカルテもしっかりと保管していますので、以前来院してから随分経った方も安心してご来院いただけます。

交通のご案内
ACCESS / MAP

所在地/神奈川県横浜市保土ヶ谷区帷子町1-12

駐車場はございません。近隣の駐車場がいくつかございますので、そちらをご利用ください
  • 電車でお越しの場合

    • JR横須賀線保土ケ谷駅西口より徒歩2分
    • 相鉄線天王町駅より徒歩10分
  • バスでお越しの場合

    • 横浜市営バス 帷子町会館前バス停より徒歩1分
    • 横浜市営バス 保土ヶ谷駅西口バス停より徒歩2分
PAGE TOP